改修日記

母屋の改修が始まっています!

  • 2017年02月21日

まだまだ雪深く寒〜い黒田。母屋に改修工事の音が響きます。これから、少しずつ改修の様子を紹介していきますので、良かったらお付き合い下さいね。

まずはお風呂、お手洗いなど水廻りの工事をしていただいています。京北くろだ里の駅では、導入する給湯設備に『ペレットボイラー』を選択しました。

お湯を沸かす源となるのは、木材の端材などから作られる木質ペレットです。10年後20年後…はたまた50年後に日本や世界のエネルギー事情はどうなっているだろう?と考えた結果、森林のまち・京北に暮らす者として、持続可能な木質バイオマスエネルギーを積極的に使っていきたいと思っています。

日本ではまだ馴染みのないペレットボイラー。しかも、オーストリア・オコフェン社製のものを日本で導入された実績は過去に事例がありません。日本初となる試みですが、京都産のペレットでエネルギーの地域循環を目指します。

ガスや電気の給湯器とどう違うの?どうやって使うの?手入れはどうするの?ランニングコストは?
私も未知の領域ばかりです。里の駅では、将来のエネルギーのことをみんなで話し合ったり考えるきっかけ作りができれば良いなぁと思います。完成をお楽しみに!
母屋の一角を解体しました。ここにお風呂、お手洗い、ペレットボイラーを設置されます。凍えそうな寒さの中、水道の配管工事も終わりました!