改修日記

【京北黒田・改修日記】ペレットボイラー設置中!


遥々オーストリアから二ヶ月かけて、船にゆられて運ばれてきたペレットボイラーが黒田にやって来ました!早朝から搬入作業が始まり、重くて大きな機械がボイラー室に収まりました。ただいま配管の接続作業が続いています。

人の背丈よりも高いのはお湯を溜めておくタンク。800Lのお湯を溜めておけるそうですが、5人家族が1回のお風呂で使う湯量は約600Lだとか。毎日のお風呂だけでこのタンクの3/4にあたるお湯を使っているなんて。実際の量が目で見えるようになると、改めて節約してお湯を使いたいなと思いますね。

さて、母屋の改修工事も大詰め。厨房の工事が進んでいます。立派な北山杉の一枚板を使ったカウンターや、元々この部屋あった味わい深い板を加工した仕切り棚もできました。

おくどさん(かまど)や、からうす(てこの原理で動く臼)の映えるスペースになってきました。どちらも昔は京北のどこの家にもあったそうですが、今はもうほとんど残っていないと言われるくらい珍しいものです。囲炉裏も使いやすいようにリニューアル予定です。100年以上前からここにあったものばかりです。お越しになられた際は是非注目してみてくださいね!